生命保険の見直し



皆さんが入られている保険を確認してみましょう。
日本の生命保険会社が最も多く販売してきた保険は「定期つき終身保険」というタイプで、ほとんどの方がこのタイプに加入されていると思います。
生命保険の見直し

例をあげて、この保険を簡単に上の図で説明しますと、一家の大黒柱である現役時代は、残された家族に生活費がかかるために保障額を多くしていました。あなたが亡くなると遺族の方に4000万円が支給されるという保険なのですが、60歳以降はどうでしょう?

なんと150万円しか遺族の方には支給されないのです。意外に思うかもしれませんが、これが定期保険部分が3850万円、終身保険部分が150万円で組み合わされた「定期つき終身保険」の特徴です。

多くの方が、死ぬまで4000万円の保障があるものと勘違いしているのですが、ほとんどの場合60歳で定期部分がなくなってしまうのです。

生命保険の見直し

思い立った今確認してみましょう。
すぐに今入っている保険証券を見てください。そしてつぎの3点の確認だけをしてください。

  • 加入している生命保険の総支払い額はいくらなのか?
  • 60歳以降の老後の保障内容と60歳解約時の返戻金はいくらなのか?
  • 保険料が、特約の更新などで急激に上がり家計を圧迫しないか?

定年後の人生を楽しいものにするも、お金に困る人生にするも、この3点でわかります。ひょっとすると車1台分以上、得するかもしれませんし、浮いたお金を終身保険の増額に回し、老後の備えを充実させることが出来るかもしれません。

また、一部は住宅ローン返済にまわせるかもしれません。家族を守る保障の確保と、家計における短期・中期・長期の資産形成にバランスよく保険を活用することが大切です。

下記では、無料で各社のパンフレットが一括請求できますのでご紹介しておきます。

生命保険各社無料パンフレット一括請求が便利です。



このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ