外貨預金


外貨預金とは

外貨外貨預金とは、円を外貨(米ドルやユーロ)にかえるなどして、外国のお金で預金することです。

通常、1ヵ月~1年の定期預金と普通預金が用意されています。
外貨預金は預金保険の対象外となります。

外貨預金には高い金利と為替による差益(為替が円安に動いた場合に発生)といった2つのメリットが期待できます。
また、外貨預金は海外旅行に行くときに、当然現地通貨として現金として使えますし、トラベラーズ・チェックに替える方法もあります。
(外貨現金やトラベラーズ・チェックに替える際には、別途手数料がかかります。)

リスクとしては、為替が円高に動いた場合には差損が発生します。
また、為替に変動がない場合でも、TTSレート(円貨から外貨に替えるレート)と、TTBレート(外貨から円貨に替えるレート)には手数料相当分が含まれているため、元本割れの可能性があります。

通貨選びのポイント

主要な6通貨については、一般的に以下の特徴があるとされています。

  • 米ドル $
  • 世界の基軸通貨。 海外旅行等で外貨現金やトラベラーズチェックとして使いやすい。

  • ユーロ
  • 米ドルに次いで第二の基軸通貨として確立 イギリスを除くEU主要国の統一通貨 。

  • オーストラリアドルA$
  • 比較的高金利の通貨として注目を集めている。為替相場の変動が比較的大きい。

  • ニュージーランドドルNZ$
  • 比較的高金利の通貨。 密接な関係を持つオーストラリアドルと近い動きをし、 為替相場の変動が比較的大きい。

  • 英ポンド
  • EU主要国の中で唯一ユーロへの移行がされていない。

  • スイスフラン
  • 中立国の通貨として世界情勢に比較的影響を受けず安定している。比較的低金利。

外貨預金の金利

一般に、円預金よりも外貨預金の方が高金利となっています。 金利は各通貨で異なりますので下記を参考にしてください。

金利情報

http://kakaku.com/gaikadepo/

外貨預金の運用スタイル

資産運用においては、長期での運用を目指すことで、安定した運用成果をあげることが期待できます。
短期運用の場合、短期的な為替変動の影響を受けるため、各期間の相場変動の幅は比較的大きくなる傾向にあります。
そのため大きなリターンを期待できる反面、大きなリスクを伴います。

長期運用の場合、長期的には為替相場の変動は平準化されるため平均リターンは変動幅が比較的小さくなる傾向にあり、安定した運用成果が期待できます。
また高金利な通貨の場合、高い複利効果が期待できます。

ですから、外貨預金取引の初心者の方には長期運用をおすすめします。
長期運用を目指した上で、途中で利益が出た場合には短期で利益確定することもできます。
ただし、長期運用の場合でも「元本割れ」の可能性はありますのでご注意ください。

取引スタート金額を決めるポイント

当面使う予定のないお金で取引を始め、少し慣れてきてから金額を増やしていくことをお勧めします。
一回でまとめて取引するよりも、取引のタイミングを分けることでリスクを分散させる効果も期待できます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ