国債・地方債


債券とは

債券とは、国や地方自治体、金融機関、企業などが必要な借り入れを行う際に、お金の出し手(投資家)に発行する借用書のようなものです。
利息に相当する利子が定期的に支払われ、満期日には借入金に相当する額面金額が返済されます。

債券には、国が発行する国債、県などの地方公共団体が発行する地方債、一般の会社が発行する社債、あるいは円以外の通貨で発行される外貨建債券など様々なものがあります。
償還までの期間も一年未満の短いものから、10年以上の長いものまで様々な期限のものがあります。
大半の債券では、発行から償還までの間に、定期的(ほとんどは年2回)にあらかじめ決められた利息が支払われます。環境によっては、利息が同じ期間の預貯金に比べ有利な場合もあります。

債券のデメリット

債券は、満期まで持てば、利回りが確定し、定期的な利息収入と合わせて償還(満期)時には額面金額が支払われます。
売る時まで損益が確定しない株式や投資信託と違って、安定性の高い商品といえます。

また、債券は原則としていつでも換金が可能で、途中で売却してもきちんと日割りで利息がつきます。
ただし、時価での売却となるため、市場の金利状況によっては投資元本を下回る場合があります。また、市場の環境によっては売却できない場合もありますので、注意が必要です。

債券のデメリット

債券のデメリットとして、信用リスクがあり、発行体の経営悪化や倒産などにより、債務不履行(デフォルト)になる場合があります。有名な例では、マイカルの破綻などがあげられます。

また、中途解約する場合は、市場価格で売却するので、経済情勢によって債券の価格が変動します。外貨建債券の場合、為替相場の影響を受けます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ