投資信託


投資信託とは

投資信託とは、その名のとおり投資を信頼して委託するというものです。
株式は自分で購入・売却の決定をするのに対して、投資信託は投資家のお金を信託会社がまとめて運用するというものです。

投資信託1つずつに、ある程度の方向性(どのような株式に投資するか等)は決められており、自分で商品を選ぶことができます。株の知識があまりない方や運用をプロに任せたい方などにお勧めです。

低金利の昨今、預金による利息収入だけで生計を立てることは難しい状態です。預金は、投資信託と違い、基本的に元本が目減りするリスクはないものの、時間外手数料を支払うなどすれば、結果的に元本は目減りするというリスクを負うことになります。
この低金利時代で、少しでも高い利回りを確保するためには、元本が目減りするリスクを負ってでも、投資信託などで利回りを確保する必要に迫られているともいえるかもしれません。

投資信託は、元本保証のない株式や債券などの金融商品に投資をするため、原則として元本保証はありません。銀行などの普通預金や定期預金よりも良いリターンが期待できますが、資産が目減りするリスクがあります。

投資信託にかかるコスト

投資信託は、運用を外部に委託する仕組みであるため、購入時や運用期間中、更には解約時に所定の手数料(コスト)がかかります。主な手数料は次のとおりです。

販売手数料

投資信託の購入時に、販売会社が徴収するもの。同じ投資信託であっても、購入金額や取り扱い金融機関により手数料額が異なる場合があります。またこれを徴収しない投資信託(の販売会社)もあり、「ノーロードファンド」と呼ばれています。

信託報酬

投資信託の運用期間中、運用会社と販売会社が徴収するもの。年間の徴収率があらかじめ定めてあり、毎日の基準価格から少しずつ差し引く形で徴収されます。販売手数料と違い、所有額や販売会社による差異は生じません。
基本的に、投資対象が株式のものは債券とするものより高く、また日本に投資するものよりも海外(特に新興国)に投資するもののの方が高くなる傾向があります。
信託報酬は、購入時のみにかかる販売手数料とは違い毎日引かれるため、長期運用になればなるほど信託報酬が運用利回りに与える影響は大きくなるので注意が必要です。

わかりにくい投資信託ですが、下記では無料で資料請求ができますので、少し勉強してみてはいかがでしょうか。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

このページの先頭へ